女性に膝の痛みが多いのは何故?

女性に膝の痛みが多いのは何故?

膝の痛みの多くの原因である変形性膝関節症。
膝の関節に負荷がかかり変形し痛みが出る症状です。

 

 

その女性の発生比率は、男性のなんと約5倍!!

 

どうして女性の発生比率はそんなに高いのでしょうか?

 

①筋肉が弱い

 

男性と比較すると平均して女性の方が筋肉量が少ないため、
膝に直接かかる負荷が高いと言えます。

 

 

②基礎代謝の低下

 

膝の痛みと体重は比例しているとも言えます。
歩行時の膝にかかる負担は最大、体重の約4倍。
体重を減らすことにより、膝に掛かる負担は当然大きく減らすことが出来ます。

 

また、男性と比べ女性は筋肉量が少ないことにより基礎代謝が
低いと言えます。
加齢による基礎代謝の低下は男女ともに起こることですが、
女性の方が顕著に体重の増加が見られます。

 

③外反母趾

 

女性は、ヒールなどのかかと高い靴を履くことも多く
外反母趾になる確率が高いと言えます。

 

外反母趾による痛みをカバーするために体重を足の外側で支えたりすることで
膝関節にかかる力にも捻じれが生じます。

 

若い時には、膝に痛みは感じなくても加齢により負荷が顕在化してくることがあります。

 

 

女性の膝の痛みの対策は

 

膝周りの筋力トレーニングや、体の筋肉量を増加させることによる基礎代謝UPによる体重減少などは膝の痛みを和らげるのに有効な手段です!

 

ですが、そもそもの膝の痛みは、

  • 加齢による関節の生成する能力の低下
  • 食品からの関節の元となる成分の吸収力の低下

が大きな原因です。

 

体内で生成する過程を省略できる直接関節の成分となる

  • 非変性プロテオグリカン
  • 非変性Ⅱ型コラーゲン

を多く含んだサプリメント北国の恵みの摂取がおすすめです!!