膝が痛くて正座ができない

膝が痛くて正座ができない

 

北国の恵み,正座,膝,痛み

 

 

普段いす生活をしている人は、なかなか膝の異変に気づきづらいと思います。

 

 

反対に正座をする機会が多い方は、膝の痛みなどで早めに膝の異変に気づくことが出来るといえます。

 

 

正座ができない時の原因は?

 

病気の場合

①変形性関節症

軟骨が摩耗し、膝関節に強い摩擦が生じます。
その後、軟骨の破片などで関節に炎症が起こります。

 

初期症状は、動き始めの膝の痛みだけですが、放置すると進行し
関節に変形が起こります。

 

②関節リウマチ

免疫異常により、自分自身の細胞や組織を破壊してしまいます。
放置しておくと、軟骨や骨が破壊されてしまい関節が変形してしまいます。
他の細胞に情報を伝える蛋白質、サイトカイン(インターロイキン-1、インターロイキン-6、TNF-α)
の働きにより炎症が起きていると考えられていますが、サイトカインの
働きを完全に抑える薬は見つかっておらず、現行の薬は副作用も強いため注意が必要です。

 

代表的な症状:
朝起きて30分以上手のこわばりが続く。

 

非変性Ⅱ型コラーゲンが有効であると言われています。

 

 

③滑液包炎(かつえきほうえん)

関節まわりの摩擦を減らすためにある、水分を多く含んだ袋が
炎症を起こすことにより起こります。

 

主に、膝関節の使いすぎが原因ですが、変形性関節症や関節リウマチに
伴って起こることもあります。

 

病気でない場合

 

40代を過ぎると誰でも軟骨生成能力が低下してきます。
食事で摂取した成分を軟骨成分に変換をする能力が低下しているということなので、
食事両方による効果は限定的です。

 

体内で分解されない軟骨生成成分(非変性Ⅱ型コラーゲン非変性プロテオグリカン
などを多く含んだサプリメントの摂取が効果的です!!

 

 

⇒北国の恵み口コミ